派遣する人材に関して

派遣する人材に関して

労働者派遣事業における非常に大きな特徴であるといえます。そして本人が了承した上で派遣を行います。

派遣する人材に関しては派遣元がすべてを任していますので、派遣先企業で採用試験などが行われる事は一切ありません。こういった特殊な形態が、派遣社員を雇うことのメリットであり需要がある理由となっているのです。

このような特殊な形態というのは、派遣事業の切り替えなどが行われようと、変わる事はありません。また、賃金などにおいては派遣先企業の業務内容、レベルによって単価が決められていきます。

派遣スタッフは人材派遣会社と雇用関係にあると一方では、職場では派遣先企業の間で間接雇用という形になります。しかし、勤怠管理や労務管理といったものは派遣先企業が行うことになります。

派遣期間中には、派遣先企業の指揮や命令をされる側になります。派遣スタッフというのは人材派遣会社永久雇用関係であり、派遣先企業とは指揮命令関係になります。

同じように、人材派遣会社はもちろん派遣労働者の間では、雇用関係が結ばれる、ということになっています。また派遣スタッフに対しての賃金は、雇用主である人材派遣会社が支払います。

このようなことをマッチングといいますが、マッチングが終了してから派遣先企業と人材派遣会社との間で労働者派遣契約と呼ばれるものが結ばれます。人材派遣会社が派遣先企業に派遣料金の請求を行います。

人材派遣においてはまず人材派遣会社が登録スタッフの中から業務内容や就業条件といったものに合致した人材を選びます。