派遣業切り替えについて知る前に

派遣業切り替えについて知る前に

仮に派遣先との契約が終了したとしても派遣元との雇用契約までなくなることはありません。一般派遣と特定派遣との大きな違いは、派遣元とどのような契約をしているのかということです。

派遣先との契約が終了した段階で、次に派遣される企業が決まっていなければ派遣元と雇用契約終了となります。大半の場合には一般派遣を登録型派遣と呼び、特定派遣を常用型派遣として分類しています。

その一方で特定派遣の場合には社員を雇用することで、案件によってそれぞれ社員をクライアント先に派遣をしていくというタイプです。派遣は働きたい人が派遣元から仕事を受ける、というものです。

そして仕事場に派遣をされていくという形になります。この場合、健康保険の継続期間に間が空いてしまったり、有給休暇の取得がしにくくなったりといったことが発生してしまいます。

登録型派遣は、派遣の元となっている会社に登録をすることによって、希望している仕事に応募するという形になっています。派遣業切り替えについて知る前に、まずは派遣について尚更詳細に知る必要があります。

登録型派遣、常用型派遣の両方がなければ、一般的に派遣と呼びますし、一定期間だけ行う場合は特定派遣と呼んでいます。そして希望している派遣先に対して派遣が決まれば、雇用契約を結んで働き始めます。

派遣を行う場合には、登録制のものを思い浮かべるのが一般的ではありますが、常用型派遣は登録型とは異なり、社員として派遣元に雇用されます。特定派遣というのは、一般派遣よりも安定しているというのが最大の特徴です。